日記(Diary)

2022/5/07公開日最終決定。2022年624
フルボイスリメイク『Fairy Tale Ending†Encore』公開日を624に最終決定致しました。
GWのプレイを楽しみにしてくださった方々には重ねてお詫び申し上げます。そして楽しみにしてくれた気持ちがとても嬉しいです。
先日の問題点も全て解決し、無事6月24日公開させていただきます。
制作に6年間。フルボイスリメイクで更に1年。構想はもう子どもの頃からずっと。長い長い旅の終着点であり、作品の新たなスタートとなります。

全てを出し切り開幕させていただきます。
『Fairy Tale Ending†Encore』。豪華声優陣の熱演による、最高のアンコールを最後に少しだけお待ちくださいませ!!!!

2022/04/30
GWですね。去年のGWは緊急事態宣言中で、大事な届け物
(本作のバージョン1.02のデータ。CD版があまりに難しすぎエンディングスチルが無く、契約上おいそれと他人にあずけられる物ではなかった為)
をどうしても渡したくて(置き配で)、でも緊急事態宣言中になんて……と、自分の浅はかさで人を傷つけてしまったような情勢でしたが……

今年のGWはうって変わって、結構みんな外に出かけているようですね。感染者数は去年とあんまり変わらないのに……オミクロン株だからでしょうか。

ゲームって、創る側は魂を削りきった人生で一番大事な手紙のようなものなのですが、受け取る側は今度でいいか(一生積みゲー)みたいな温度差があるものなのかもしれません。
いずれにせよ、自分は今年もGWはひたすらゲーム作り。どこにも出かける予定はありません。
まだコロナは心配派ですし、何より家でやらなきゃいけない事が沢山あるので(一応他の人より罹患しやすい体質なのですが、誤差の範囲、高齢者の方がよっぽど罹患しやすいとの事)。

結局フルボイスリメイクもGW公開には間に合いませんでした。すみません。
サラリーマンの多数が一番休めるのがGWですが……でも結局、その人が興味が無ければ時間が有ってもやってもらえないだろうし、興味があれば時間が無くてもやってくれるんじゃないかなと思います。

2022/04/28
ゲーム作りってやっぱり難しいですね。
特にマスターアップ予定(4月末)前の2ヶ月は数え切れないほど徹夜もしましたし※4月の制作を「残業」に含むと考えると300時間超えてました。それでもマスターアップ直前で「ごく一部のPCにおいてプレイヤーにとって極めて不平等になる挙動が発生する」という仕様が発覚しました。
これはTwitter上で行う「高難易度モードチャレンジキャンペーン」において一部プレイヤーが著しく不利になるものであり、プレイヤーの不公平が生まれる仕様となりかねません。
幸いバグ自体の修正は難しいものではありませんが(高難易度モード以外は全て修正済み)、完璧な状態でお届けしたいので開発を延期致します。
6月に公開致します。GWにプレイするのを楽しみにしてくださった方には本当に申し訳ございませんでした。反省を糧にまたがんばろうと思います。お詫びは作品で返します。完璧に仕上げ修正した状態で届けます。悔しいですね。

2022/04/14
一生忘れられない日になりました。
「科学では解明できない事が沢山ある」とは良く言われますがまさにその通りで、
プレイしていただくと分かるネタバレの一つですが、本作のEDの奇跡のような空の写真や
(合成ではなくスマホでズームしてそのままパシャリと撮っただけです。写真全体をゲーム画面に合わせて縮小した以外全く手を加えていません)、
「奇跡」や「運命」といったものを信じざるを得ないような、まるでそうなる事が決まっていたかのような、天文学的な確率の偶然があり驚いております。起こった現象は変えられなくても、その意味は変えられる。本当に嬉しかったです。

2022/03/11
『Fairy Tale Ending』が公開一周年を迎えました。プロトタイプだけで大劇場の席がいっぱいになる以上のダウンロードをしていただき、感無量です。作者から、プレイヤーの皆様へお礼申し上げます。そしてキャラクター達全員からも。

『Fairy Tale Ending † Encore』の制作も順調に進んでいます。
やる事が多すぎて高野閃光本人はズタボロになっておりますが、声優様達の素晴らしすぎるご演技と楽曲で勇気をもらっております。嬉しい事に開発秘話や設定等を知りたいというご要望もいただいていて、リメイク公開後にちゃんとした形でブログでも書こうかと思っております。

改めて、『Fairy Tale Ending』を愛してくださりありがとうございます。春のフルボイスリメイクをご期待ください♪

2021/10/07
生きてて良かったなぁと思いました。作品を創って良かったなと。

2021/07/22
『Fairy Tale Ending』の大規模アップデート「Over Write Edition」を今秋に行う発表を致しました。
Funczion SOUNDSの皆様の素晴らしい楽曲と歌をお楽しみにしてお待ちくださいませ。私も鋭意制作致します!

 作中で使用されている空の写真について(現行のVer.1.00も含め)。
 全ての写真は高野閃光本人が撮影したものであり、カメラは一切のフィルターや調整などの機能を使わない初期設定、一切の画像加工も行っていない現実に撮れた空の写真そのものになります(※例外として、撮った写真全体の大きさを画面サイズ640×480に合わせて縮小のみしております)。

2021/03/11
『Fairy Tale Ending』をVector様で公開致しました。

 謝罪:この度Vector様との調整不備により公開が延期になりました事、心よりお詫び申し上げます。楽しみにしてくださり予めスケジュールを立ててくださった皆様の真摯な思いに答えられぬ結果となり、誠に申し訳ございませんでした。おかげで無事3/11に公開することができました。

2021/01/29
 大変長らくお待たせし、申し訳ございません。現在最終調整を行っております。
2月末、どんなに遅くとも3月頭に公開致します!! 度重なる公開延期、誠に申し訳ございませんでした。
大きなプログラムミス等も無く、ついにここまで来たという感じで胸がいっぱいです。

2020/12/15
「永遠など少しも欲しくはない」という歌詞があります。坂本真綾さんの『色彩』という曲で、美しく、私も大好きな歌です。
 それでも私は、ZARDの坂井泉水さんの「きっと誰もが永遠を手に入れたい」という歌詞を選びます。悲劇の無いハッピーエンドは気の抜けたコーラのようだと世の人は言いますが、私は「ぬるいコーラしかなくても夢だけで楽しかった」という彼女の詩を選びます。それは、人の命が閃光のように短い輝きだと知っているからこそです。
 今年も一年、様々な方にお世話になりました。Sui.様は言うまでもなく、素材をお借りさせていただいている皆様、詳しくは申し上げられませんが(私も詳細が分からないのですが)、何らかの形で作品を知り何かを思ってくださった方。ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
 来年皆様が健康で幸せに日々を過ごせることを祈っております。

2020/12/05
 計画しておりました残り1%の企画の実現が恐らく難しいと思われるため、プランを変更しこのまま完成へ移行したいと思います。年明けには作品を公開します!

2020/10/26
 ver.0.99が完成しました。事実上99%の完成となります。残りの1%はある企画を計画中です。今回のバージョンは本来完全版で存在するはずであったキャラごとの個別シナリオを削除しメインストーリーをコンパクトに仕上げました。これからスチルの追加やスクリプトの追加等、改良を行いたい部分も多々ございます。しかし、一つの形になったこと。本当に報われたと感じています。ありがとうございます。感無量です。6年間の全てがやっと報われた幸せを噛み締めています。ただただ、幸せです。これまで関わっていただいた全ての方、応援してくださった方々に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。